日々、証券取引所で取引され、常に変動している株価。その株価は株式を発行している企業にどんな影響を与えているのでしょうか?株価と企業の関係についてお話ししたいとおもいます。

山本伸セミナーを参考に株価の跳ね返りを判断

株のことをとにかくよく勉強をして、山本伸セミナーなどに通って株のことを教えてもらっているという人も多いことでしょうが、このようなセミナーで教わる内容というのをそのまま投資の判断基準としても上手く行くものではありません。
もちろん、セミナーで教わる内容というのは投資において非常に役に立つ内容を教えてもらうことが出来るわけですが、そのとおりに株価が動くということはないからです。

勉強している人にありがちな落とし穴として、教わった内容だから株価はこのように動くに違いないと思い込んでしまい、何時までも株価が上がらずに下落する一方で損をしてしまうということは少なくないものです。
相場というのは今現在その場で起きていることに対して、最善の対処をすることが一番大切なことであるため、セミナーで勉強をしたことよりも相場は今どのように動いているかということを改めて考えることが大切です。

セミナーなどではセオリーとして株価が跳ね返りやすい、ポイントやどのような動きが跳ね返りと判断できるかと、教えてもらうことが出来ますがそれはあくまで一例であり、実際の相場がどのように動くのかということはその場になってみないとわからないものです。
しかし、このように動く傾向にあることが多いということが知識としてわかっていれば、それにあわせて今回はこのような動きなのかもしれないと判断をして投資をすることになります。
イメージ通りの動きをすればそのまま株価を伸ばしていくことがで着ますし、逆に思惑と反対の方向に行ったときにはすぐに損切りをすることが重要なのです。
傾向としてこのような動きをすることが多いとわかっていれば、損切りさえしていればトータルでは利益を出すことができるので、学んだことが正しいと思い込みすぎないことも大切です。